忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05

EPSON 廃インク吸収パッドエラー その後2

長らく更新していませんでしたが、ココに来て久々に使おうとした My EP-801A がどうにも成らないインク詰まりを起こし、久々に動向を探っていた所、ナント!エプソン様!!メンテナンスボックスなる新しい仕組みに変わった様ですね。

EPMB1 EP-879用のメンテナンスボックス

コレにチップが搭載されており、廃インクパッドエラーで交換してエラー解除になる仕組み。
金額も1000円ぐらいと買いやすくなっており、コレでこの忌まわしき廃インクパッドエラーから開放されるという事ですね。
エラー予告の時にポチったり、近所に買いに行けば済むので良いですね。
ただ、廃インクボトルとかに改造したりしてる人にとっては”え〜お金掛かんの〜”と聞こえて来そうですが、物理的なパッド交換の事を考えるとビジュアル的にもスマートで良いのかも知れません。

まあ、最新機種は当方興味が薄いので、本題に入りますが、昨今はWICの登場以来、猫も杓子も有料にしやがって、解除KEYを販売していたり、挙句は Adjustment Program まで有料ということになってる始末です。
世界的にこの様な事になっている現状をエプソンが打開したかったんですかね。
それで、メンテナンスボックス登場???

いずれにせよ、インクの高いのは相変わらずですが、最近は良い互換インクも沢山出て来て居るので、ランニングコストも多少は下げられると思います。
当方もランニングコストは、あの安もん中華カートリッジ寄りも少し(1セット実質500円で10ml×6)上がりましたが「詰替えセット」にしました。
安もんの中華カートリッジは届く度にパッケージも仕様も容量もバラバラで目盛りも当てにならないし、第一に容量が少な過ぎて気泡が収まらないので、中身が目視確認出来て、気泡も送らないし、目盛りもちゃんと最後まで使えて、MIDE IN JAPAN なのでトラブルも少ないだろうという事で「詰替えセット」に替えました。

海外エプソンではエコタンクの廉価版Lシリーズが安くて大変な人気で、日本にはまだ廉価版のエコタンク搭載機が無いので、早く発売して欲しいものですが、廃インクパッドエラーの話題も海外では近年はLシリーズのものばかりで、しかも、日本のEPシリーズが海外では発売されてないものが有って無償のプログラムを探すのは困難です。

EP-806 と EP-808 この2機種は海外では発売されてません。
13年発売の EP-806 と全く同じでしょ?という機種が XP-710 ですが、コチラは5色プリンターなんです。6色プリンターは発売されていません。
発売が2年周期になっていて、EP-805 に相当する XP-750 が12年に発売され、 EP-807 に相当する XP-760 が14年に発売されています。
なので、13年と15年は EP-8×× や EP-9×× に相当する機種は無いんです。
で、その15年に日本では EP-908 は廃盤で販売されず、海外では5色プリンターの XP-830 が継承しているかの様な形で、6色プリンターはA3以外では EP-7×× に相当するものしか無く、この年には EP-8×× に相当する機種も廃盤に、そして、16年にはすっかり消えてしまって、最新のEP-879は海外では発売されていません。
もう海外では15年からは EP-7×× に相当する機種が6色プリンターのメインになって、エコタンクか5色プリンターが主役の様です。
PR
【2017/04/01 00:00 】 | EP-801A | 有り難いご意見(0)

EPSON エプソン 廃インク吸収パッドエラーのその後

長らく更新も怠って居ましたが、その後の動向に付いて少し調べました。
現在、EP-801〜EP-804まで解除が出来る様ですので纏めてみました。
多くはUSAエプソンのサイトで海外型番を頼りに解除Keyを発行してエラー解除している様ですが、その場合も同様にEP-804までしか解除出来ませんのでご注意下さい。
また、EPSONサイトの解除Keyは「廃インク吸収パッドエラー」を表示していないと働きません。
必ずエラー表示されてから解除Keyを発行して下さい。
また、WIFI接続されてる方はUSB接続してから実行して下さい。
WIFI接続では機能しません。
注意)
廃インク吸収体の交換又は洗浄など、必ず吸収パッドの処理を同時に行って下さい。
最悪の場合、インクが溢れ出す可能性があります。

ーーUSAエプソンで解除Keyに寄るリセットーー
★現在リンク切れになっておりサポートを終了した様です★
EP-904 以前の機種については「Adjustment Program」を探すしか無い様です。

USAエプソンの解除ページを開きます。
→https://ipr.ebz.epson.net/ipr/maintenance.do
直リンクは対策の恐れが有るので、コピペして下さい。

E-mail address / Eメールアドレス
Region/Country / 国はどちらでもOK
Product Model / モデル型番(下記つづき参照)
Serial Number / 10桁の英数字(適当でOKですが後でまた使いますので控えて下さい)
【2015/03/11 13:31 】 | EP-801A | 有り難いご意見(6)

廃インク吸収パッドエラーのまとめ

実に半年ぶりの更新!(^^ゞ
今年に入ってエラー解除記事もチラホラ見かけますし、未だに多くの方がエラー解除検索で来ていらっしゃる事も有り、エラー解除に付いて纏める事にしました。
初めに、このブログを参考にエラー解除出来る機種は
「EP-801A、EP-901A、EP-901F」のみです。
EP-×02×以降の機種に付いては今の所、WICによる解除Keyを有料で買う。
という選択肢しか無い様です。
WIC Waste Ink Counter reset utility
http://www.epsonreset.com/
http://www.2manuals.com/product_info.php?ref=1&products_id=1149

では本題に入りましょう。
http://tricks-collections.com/newest-epson-adjustment-program/
このリンク最近あちらこちらで見かける様になって対策され削除されたか
「404 NOT FOUND」になってる。
チラッと検索してみたが、軒並みダウンロードサイトのリンク先が削除されている様です。
エプソンが対策に乗り出したか??(^_^;)
なので直接このファイル名を検索してダウンロードして下さい。
「TX700W by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A
「TX700W Latin by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F
「TX800FW-EAI by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F
「TX810FW ECC by OrTHoTaMiNe.rar」→EP-801A、EP-901A、EP-901F、?EP-902A?
このファイルはユニバーサルというべきか、ファームウェアが一緒なのかは知らないけれど、
3機種とも解除出来るファイルが多いです。
それからrar圧縮ファイルなので、WinRARなどの解凍ソフトを使用して下さい。
WinRARhttp://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/download.html#WinRAR41j
rar圧縮ファイルを解凍し、適当なフォルダに置きます。
(解凍しないでWinRAR上から開くことも出来ます)
【2012/06/03 18:00 】 | EP-801A | 有り難いご意見(6)
| ホーム | 次ページ>>